イズモ葬祭

Now Loading...

大切な人が旅立った時、不安になるのは当然です。少しでも安心するために読んでください

大切な人が亡くなって戸惑っているのに、病院から 「すぐにご遺体をご移動してほしい」
「葬儀社を探してください!」
と突然言われ、どうしたらいいのかわかりません…

大切な人が亡くなった時、すぐに心を落ち着け、頭を整理するのは、誰だって難しいことです。
ましてや、平静ではいられない状況にも関わらず、「ご遺体をご移動してください」や「すぐに葬儀社を決めてください」と言われても、何から手をつけていいのかわからないのは当然のことだと思います。

もしもの時、何をすべきなのか、葬儀社に頼むとかかる費用やメリットは何なのかをお伝えしますので、大切な方を思い、寄り添いながらこれからのことを考えていきましょう。

ご葬儀についてのイメージ

まずは、故人様が安らげる場所へ

  • 1. 故人様のご移動(搬送)
  • 2. 故人様のご安置(丁寧に置くこと)

この2つの事柄が落ち着けば、気持ちに余裕や時間も生まれてきますので、以降はこちらについて詳しくご説明いたします。

1. 病院・施設から故人様のご移動

病院・施設から故人様のご移動

病院からのご移動(搬送)は、以下のいずれかで行います。

  • A. ご自身のお車で行う
  • B. 葬儀社に依頼する

a・Bどちらの際にも絶対必要なもの

 死亡診断書

※死亡診断書は、病院・担当医師より受け取るもの

A. ご自身のお車で故人様のご移動する

ポイント

・死亡診断書は、必ず携帯する
・タクシーで故人様のご移動(搬送)はできない
・死後硬直を考慮し、ワゴンタイプの車を用意する
・体液の漏れを考慮し、防水シーツを敷いておく
ご自身のお車で故人様のご移動のイメージ

まず大事なのが、死亡診断書は携帯するようにしてください。万が一携帯していない場合、事件と間違えられる可能性があるので必ずお持ち下さい。
※タクシーで故人様のご移動(搬送)はできません
ただ、実際にご移動(搬送)するとなると、ご遺体は大きく、時間の経過と共に死後硬直(※)も始まります。
さらには、故人様を真っ直ぐに寝かせた状態で運ぶ必要があり、ワゴンタイプの車を用意して後ろの扉から乗せる必要があります。
また、遺体の扱いに不馴れだと、遺体の栓が外れて体液が漏れる可能性もあるため、事前に防水シーツなどを敷いて、車が汚れない工夫をしなければなりません。
※亡くなってから一定の時間がたつと、筋肉が固くなり、関節などが曲がらなくなる現象

B. 葬儀社に故人様のご移動(搬送)を依頼する

ポイント

・死亡診断書を病院から受け取っておく
・お迎え時間、ご安置場所のイメージをもっておく
・料金については遠慮なく確認する
ご自身のお車で故人様のご移動のイメージ

葬儀社に故人様のご移動を依頼するときは、ご連絡時に以下をご準備いただければ大丈夫です。また、こちらの内容は、電話口のオペレーターから確認させていただきます。

  • 死亡診断書
  • ご連絡先
  • お迎え先の場所・病院名
  • ご希望のお迎え時間
  • ご安置場所

葬儀社に依頼すると、費用がかかります。
一般的には、お迎え先までの距離+ご安置場所までの距離に応じて料金が設定されています。
依頼時にいくらかかるのか遠慮なく確認してください。

ご自身でご移動するのも選択肢のひとつですが、慣れない事をすることで、
故意でなくとも故人様を傷つけてしまう場合もあります。

多くの場合、専門の葬儀社に依頼する場合がほとんどです。

2. ご自宅?安置施設?
安置場所を決めるポイント

ご葬儀・火葬までの間、故人様のご安置する場所として、ご自宅か葬儀社の安置施設かを決めていただく必要があります。

ご自宅で安置する
葬儀社の施設でご安置する

費用面との兼ね合いにはなりますが、
少しでも気持ちが安らぐよう、時間を確保するような手配が最重要です。

不安や疑問は、とりあえず葬儀社に聞いてみましょう。

葬儀社の施設やサービス

葬儀社の施設やサービスのイメージ

8割以上の方が病院・施設など、自宅以外の場所で最後を迎える現在、自宅以外の安置場所に対する需要が飛躍的に高まっています。
イズモホールでは、全館安置施設を備えており、病院等から故人様のご移動(搬送)〜直接安置が可能です。
ご自身では、どうしても時間がかかってしまう対応も、葬儀社に依頼してしまえば、その時間を使い、今後のことを落ち着いてゆっくりお考えいただくことができます。

ご自宅感覚で
おくつろぎいただける施設

イズモホールは全館に、安置施設を完備しています。
またご遺族のみなさまのご負担を少しでも軽減するため会場と遺族控室の一体化に加え、
よりご自宅感覚でお寛ぎいただけるようリビングルームや和室、バスルーム等の設備を充実させていただいております。

リビング(ご安置可)

リビング(ご安置可)

和室(ご安置可)

和室(ご安置可)

ベッドルーム

ベッドルーム

洗面・バスルーム

洗面・バスルーム

(施設例)遺族控室・イズモホール有玉

「トータルサポート」
をモットーにお客様のお心に
寄り添うサービスを

イズモ葬祭では、突然の葬儀からその後の法要・返礼品等の商品、または仏壇・墓石に至るまで、
必要な品物のご相談に応じられるよう豊富に取り揃えております。
地域の習慣など品物選びにお悩みの場合も、専門のスタッフがアドバイス致しますので安心してご相談ください。

トータルサポートトのイメージ

葬祭ディレクター

東海地区最多約240名が在籍する葬祭ディレクターや専任の料理人など、イズモ葬祭が誇る経験豊富なスタッフの一部をご紹介させていただきます。

トータルサポートのイメージ

ご葬儀後のサポート

イズモ葬祭では、故人様の墓が安らかであるように、法事についてのご案内や商品のご提供、飾付けから片付けまで全てにおいて万全の体制でサポート致します。

今後のご相談や費用についてなど
何でもお話しください

フリーダイヤル

24時間体制を取っておりますので、ご連絡後、迅速に係員がお伺い致します。
個人葬から社葬・団体葬まで、お手伝い致します。

お電話いただいた際にお伝えできること

お電話のイメージ
  • 搬送やご安置にかかる料金のご提示
  • お葬式を依頼する場合の
    概算お見積もり料金のご提示
  • ご安置場所のご提案
  • ご葬儀の流れや内容についてのご相談
  • 24時間365日、弊社スタッフがご対応致します。
  • 自動音声ではありません。
  • お問い合わせのお電話後に、営業を行うことはございません。

ご不明点は、どんな小さなことでもお問い合わせください。
ご相談だけでも構いません。
深夜・早朝でも遠慮なくお電話ください。