イズモ葬祭

Now Loading...

電話をかける通話無料・24時間365日対応

資料請求無料で送付

葬儀の基礎知識

葬儀参列マナー

お悔やみの言葉、なんて言う? 遺族にかける言葉をご紹介

葬儀の基礎知識イメージ

お通夜・ご葬儀で喪主・ご遺族になんと言って声をかけたらよいのか。普段とは違う場所だけに、言葉遣いに戸惑う方も多いと思います。ここではお悔やみの言葉の伝え方、お悔やみを伝える際に気をつけること、状況に合ったお悔やみの言葉、ご遺族にかける言葉をご紹介します。

 

■いくら包む? 香典についてはこちら

■見よう見まねになってしまう「焼香」の正しいマナーはこちら

■故人への思いを形に。供物・弔電のご注文はこちら

お悔やみの言葉は短く簡潔に

お悔やみの言葉は、短く簡潔にまとめることが大切で、言葉の例として、次のようなものが挙げられます。

 

 この度はお悔やみ申し上げます
 この度はご愁傷様
です
 哀悼の意
を表します
 この度は大変なことで
 ご冥福
をお祈りします

 

 ご愁傷様(ごしゅうしょうさま)

 →強い悲しみを気の毒に思うこと

 哀悼の意(あいとうのい)

 →人の死に際して嘆き悲しむ心持ち

 ご冥福(ごめいふく)

 → 死後の幸福をお祈りすること

 

ただし、「ご冥福」はキリスト教・浄土真宗などのご葬儀では、宗派の教義にそぐわないため、使わないようにします。

 

ご遺族は多くの弔問客に対応せねばなりません。あまり長々としたものでは相手を疲れさせてしまいますので、配慮をもって簡潔にお伝えすることが重要です。

使ってはいけない“忌み言葉”

お悔やみを伝える際に気をつけること、それは「忌み言葉を使わない」ことです。「重なる」「続く」「再び」など、不幸が続くことを連想させる言葉、「たびたび」「またまた」というような言葉を繰り返す「重ね言葉」は忌み言葉と言われているため、使用を避けましょう。

また、病状や死因を聞くことは、ご遺族にとっては一番つらい時のことを思い出させてしまうことになりかねないので控えます。

 

ご高齢の方が亡くなったた場合、「大往生」という言い方をすることもあります。ただ、参列者側が使うのはNGですので、ご遺族に対してのお悔みの言葉としてはふさわしくありません。

気遣いのある一言を

あまり気にしすぎると、ありがちな言葉しか使えず、他人行儀な印象を与えかねません。ご紹介したお悔みの言葉は基本的なものであり、その時々の状況によって変わります。「自分が同じ立場だったら言われたくない」と思うような言葉は避け、自分の言葉に気持ちを乗せて伝えることが、ご遺族の心にとどく言葉になるのではないでしょうか。

「終活」が、周りの方の気を楽にする

 友人や知り合いが亡くなった時、どのような言葉をかけるべきか迷った経験がある方も多いのではないでしょうか?もしご自身が亡くなったとしても、それは同じこと。遺された家族や周りの方は、悩み戸惑います。

 

そんな時に、「自分が亡くなった時は気を遣わないでほしい」「こんな話をしてほしい」といった気持ちが分かっていたとしたら、遺された方々も気が楽でしょう。ご自身のためはもちろん、周りの方のためにもなる「終活」、今から始めてみませんか?

 

イズモ葬祭では、みなさまの前向きな終活のお手伝いをしております。資料請求をしていただいた方にはもれなく、ご自身の思いを整理するための「エンディングノート」をプレゼント中です。

 

■終活について詳しく知りたい方はこちら

■エンディングノートがもらえる、無料の資料請求はこちら

その他、お通夜・ご葬儀に関連する作法

私たちは、旅立つ人と見送る人の想いを大切にします

フリーダイヤル

「何からはじめたらいいのか分からない」など、葬儀に関する不安や疑問はお気軽にご相談ください。専門スタッフが、親切丁寧にサポートいたします。