イズモ葬祭

Now Loading...

スタッフインタビュー

福岡 一樹

葬祭ディレクター

イズモホール豊橋・葬祭ディレクター

福岡 一樹

2007年入社

お客様にお困りごとがないよう配慮しております。

なぜ葬祭ディレクターを志したのですか?

私は中途で入社をしましたが、前職では接客とは違う仕事をしていました。たまたま通勤路にイズモ葬祭があり、その時に葬祭業とはどういうものなのかふと興味を持ったことが、イズモ葬祭で働くきっかけとなりました。

仕事をする上でのやりがいは?

イズモホール東脇の店長をやっている時に一番楽しさを感じていましたが、お客様の意向を汲んで自分で考えて行動出来ることが一番のやりがいと感じています。

普段、何に気を配って仕事をしていますか?

お客様が何に困っているかを感じ取りながら、お応えするようにしています。例えば食事の集計をお手伝いさせてもらったり、お寺様への対応も一緒に考えて案内するようにしたりしています。

これまでの経験で、一番悔しかったことは?

地域によってやり方や風習が変わってくることが多々あるのですが、ある時、町内の方から指摘があった上に、ご家族からも指摘があり、お客様のご希望に沿えなかったことがありました。お客様にご迷惑をお掛けしたことが悔しかったです。

これまでの経験で、一番うれしかったことは?

あって欲しくないことですが、同じお客様から、前回担当したことを覚えてもらえており、指名をいただいたときが一番嬉しいです。

5年後、10年後、どんな自分になっていたいですか?

イズモ葬祭の仲間から信頼してもらえる関係を築いていきたいと思っています。

イズモホール浜北赤佐

プライベートなお話

お休みの日は何をしていますか?

育児がほとんどです。最近は動物園に行ったりもしました。
次は家族でディズニーに行きたいと思っています。

趣味は何ですか?

最近は趣味が育児です。以前はゴルフによく行っていました。

その他のスタッフインタビュー

<@ item.c_staff_role @> <@ item.c_staff_position @> <@ item.title @>

<@ subString(item.c_message, 35) @>

インタビューをみる
スタッフインタビュー一覧へ戻る

私たちは、旅立つ人と見送る人の想いを大切にします

フリーダイヤル

「何からはじめたらいいのか分からない」など、葬儀に関する不安や疑問はお気軽にご相談ください。専門スタッフが、親切丁寧にサポートいたします。