お盆について

盆供養とは

お盆は故人様をお迎えする、かけがえのない心の儀式。
手厚い供養が求められます。


お盆とは、私たちのご先祖や亡くなった人たちの霊を自宅へお迎えして、苦しみから救い、供養し極楽浄土にお送りする大切な行事です。
地域により、新盆(7月13日~15日)で行う地域と旧盆(8月13日~15日)で行う地域に分かれます。
お盆の供養は地域によってさまざまな習慣に沿って行われていますが、いずれにしても必ず行われなければなりません。
一般的にお亡くなりになってから初めての盆供養は、初盆として特別に行われることになっています。
イズモ葬祭では、商品は勿論のこと地域ごとのさまざまな習慣に対応した飾り付けから片付けまで全てをお手伝い致します。(遠州地区の盆飾りなど)


お盆の由来

正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と呼ばれるものです。
「盂蘭盆」とは古代インドのサンスクリット語の「ウラバンナ」を音訳したもので、「地獄・餓鬼道に落ちて、逆さに吊るされるような苦しみ」という意味で、そのような苦しみを救うための供養であります。

目連尊者のお話

お釈迦様の弟子の一人である目連尊者は神通力を使って、亡くなったお母さんは今どこにいるのだろうと探したところ、お母さんは食べ物が火となって燃えてしまう餓鬼道という地獄におちて飢えに苦しんでいることを知りました。
なんとかして救いたいとお釈迦様に尋ねると「7月15日に先祖や父母たちのために沢山のご馳走を作り、僧侶に与え供養するように」と教えてくれました。 この教え通りにして、お母さんや先祖たちの苦しみを救えたこの故事が「盂蘭盆会」の始まりと言われています。

初盆について

亡き方が初めて迎えるお盆を≪初盆≫といいます。
≪初盆≫は全国どこでも行われる行事ですが、その祀り方は地域によって様々です。
愛知県などではご仏壇に多くの提灯を並べて祀ります。北九州地方では、精霊船と呼ばれる船で個人の霊を送り出します。

遠州地方の初盆

遠州地方では初盆で祭壇を飾るという独自の風習があります。
遠州地方では初盆の際、ご自宅に祭壇を飾り、盆提灯や生花・籠盛りなどをお供えし、よりにぎやかにすることでご供養をされています。

遠州地方では初盆期間に地域の方々もお参りに来られます。
親族だけが集まる他の地方のお盆と違い、遠州地方では友人・知人の方や会社関係の方など、多くの方がお参りに来られます(盆義理)。
そして暑い中お越しいただいた方々に、飲み物とお礼のハガキを添えたお返しの品物(盆義理返し)をお渡しします。
祭壇には、仏式・神式などの宗旨に応じた仕度を整えますが、亡き方を懐かしんでお参りに来られた方のためにも遺影写真を安置しておきましょう。

初盆の流れ

新盆…6月中旬~7月13日 
 旧盆…7月中旬~8月13日





14日または15日には、寺施餓鬼といい、初盆を迎えられたそのお寺の檀家様が集まり、奉納米などをお供え物として持参し、お寺様に御供養をしていただきます。
また、故人様をお迎えするにあたり、13日の昼ごろから夕方に玄関先に迎え提灯を吊るし、門口に「迎え火」を焚き、家まで案内します。
また、15日夕方ごろには門口で「送り火」を焚き、故人様をお送りいたします。


初盆の供養に必要なもの

祭 壇

故人の霊にゆったりと安らいで頂くための、尊く大切な場所です。故人のお位牌やお写真を供え、お客様にも供養していただきます。出雲殿互助会会員様限定でご利用いただける、お得なプランがございます。

お料理

一流の料理人が素材もじっくり吟味して、自慢の腕をふるいました。お手軽な幕の内弁当から盆パック会席、オードブルまでバラエティ豊かに取り揃えています。

盆提灯

祭壇の傍らに飾り、初盆以後も毎年のお盆に灯して故人の霊を慰める物です。

迎提灯

故人が迷わず我家に帰れる様、また、ご近所への初盆の印として軒先にお飾りします。

引出物

お忙しい中お越しいただいた親戚・知人の方々に喜んでいただける人気の品々を集めました。

生花

「花は仏界の尊さを伝える」とされ、故人や祭壇へ向う者の心も清めてくれると言われています。

籠盛

お供え物を賑やかに飾り、遥々里帰りしてきてくれた故人の疲れを癒します。

盆義理返し

お盆当日、故人を供養するためお越しくださった方々へ、感謝とお礼の心の一端として盆義理返しの品々を贈ります。


※ここで紹介した商品は、数ある商品の中のほんの一例です。
※商品の中には数に限りがあるものもございますので、お早めのご来場をお勧めしております。





施餓鬼について

浜松(遠州地方)の施餓鬼は「内施餓鬼」と「寺施餓鬼」があります。

内施餓鬼

先祖供養のために、僧侶が各家庭を訪れて読経をすることを言い、初盆の家では読経の後で会食し、集まってもらった方へ引出物も準備します。
(一般的に49日法要や1周忌に招いた身内・親戚を呼びます)

寺施餓鬼

寺施餓鬼は、『施餓鬼会(せがきえ)』とも呼ばれ、14日または15日にお寺に初盆の家を中心として檀家が集まり、施餓鬼法要を行うことを言います。

見積シミュレーション 資料請求・お問い合わせ 無料事前相談はこちら
お急ぎの方はこちら タッチで電話