トップページ > ご葬儀について > ご葬儀後のサポート > 法事・法要について

法事・法要について

法事・法要とは

四十九日・一周忌・三回忌など、故人様を偲び、親族・知人が集まって僧侶に読経を行っていただき、会食を行うことをいいます。
一般に、故人様の冥福を祈る行事全般を法要と言い、会食を含めたものを法事と言います。

四十九日法要

故人様の霊が、冥土で審判される最も重要な忌日が四十九日。真心をこめて供養することが必要です。

故人様の霊は、冥土で七日ごとに審判されると言われています。
四十九日はその最後の審判の日、「満中陰」とよばれ、忌日のうちでも最も重要な日に当たります。
ですから、「四十九日」はぜひとも行わなければならない、大切な行事と言えます。
イズモホールには、法要室から会食室まですべてそろっておりますので、移動の必要が無く、ご家族に負担をかけることなく法事を営んでいただけます。
駐車場も完備しており、参列されるご親族の皆さまも安心してご利用いただけます。
イズモホールでの会食や引出物の他、ご自宅等への仕出し・配送も承っております。

一周忌

故人様を偲び、その冥福をあらためて祈るために、一周忌の必要性があります。

故人様を霊界に送って一周年の法要である一周忌は、 必ず行わなければなりません。
近親者はもちろん、知人も招いて行います。日時は、祥月命日より早めの日で設定します。

神式の法事も承っております

神道においても、忌明けに相当する「五十日祭」や「一年祭」などの節目の法事が営まれます。
イズモホールでは神道の法事にも対応可能な設備が整っております。

法事のことならイズモ葬祭にお任せください

「法要~会食を同じ場所で済ませたい。」「自宅では多くの方が会食できない。」などのご心配を解消致します。
送迎マイクロバス(15名様以上)もご用意しておりますのでご相談ください。


イズモの法事料理

縁者や生前親しかった人が食事をとりながら故人様を偲び、思い出を語り合うことは、何よりの追善供養になると言われています。
素材一品一品吟味を重ね、鮮度、風味、彩りとも全てにこだわった会席料理です。

イズモの会食室

祭壇をお飾りする式場とは別に、一度に大勢のご参列者様がご会食いただけるよう、ゆったりとした会食室をご用意しました。
ご近所の方の手を煩わせることなく、きめ細やかなサービスで、ご奉仕させていただきます。
見積シミュレーション 資料請求・お問い合わせ 無料事前相談はこちら
お急ぎの方はこちら タッチで電話