静岡県西部、愛知県三河の葬儀・葬祭・家族葬・終活・事前見積り・葬儀場のご案内 イズモ葬祭


よくある質問

イズモ葬祭TOP>よくある質問

よくある質問Q&A

お客様の声として実際にお問合わせの多い内容を掲載させていただいております。
ご不明な点があればお近くのイズモ葬祭までお気軽にお問合せください。
会館一覧はこちら


お葬儀を具体的にお考えの方へ

質問

互助会には加入してないんだけど葬儀は頼めるの?

お答え

互助会にご加入されていないお客様のお葬儀も承っております。
ご意向に沿ってお手伝いさせていただきますので「もしも」の際にはご連絡ください。
また、互助会会員様には多くの特典がございますので
事前にご加入いただくことをお勧めします。
互助会についてはコチラ

質問

事前に葬儀の相談をしたいんだけど、どうすればいいの?

お答え

近年では事前に相談を受けることが多くあります。
お葬儀の流れや費用などの気になる点など昼夜を問わずお気軽にご相談ください。
葬祭ディレクターがお客様の立場となり親身になってご相談させていただいております。
事前相談はコチラ

質問

喪主は誰がやるの?

お答え

正式には法律上の相続人が喪主を務めるとされていますが、
現状は故人様と最も縁の深い親族が喪主を務めています。
一般的には故人様の配偶者・子供・親・兄弟姉妹の順になり、
親族間で協議して喪主を決定します。

質問

分家で付き合いのあるお寺(神社)が無いんだけど、どうすればいいの?

お答え

本家に相談してから宗旨を決定するのが一般的ですが、
決まらない場合は宗旨や意向に沿った寺院(神社)をご確認した上で、
ご紹介させていただきますのでご安心ください。

質問

お寺(神社)への御礼の表書きは何て書くの?

お答え

寺院の場合は「お布施」、神社の場合は「初穂料」が一般的です。

質問

神社を使って葬儀や法要はできないの?

お答え

神道では死は穢れとみなされ、聖域である神社に穢(けが)れを持ち込むことが禁じられています。よって神式のお葬儀(法要)は自宅や式場に神職を招いて行ないます。

質問

お墓がないんだけど、いつまでに建てるの?

お答え

決まりはありません。忌明(四十九日)・一周忌・三回忌までを目安にお墓を整え、法要と併せて納骨するのが一般的です。

ページの先頭へ移動します



お葬儀に参列される方へ

質問

香典袋の表書きはどう書くの?

お答え

仏式では「御香典」「御香料」、仏式(真宗)では「御仏前」、
神式では「御玉串料」「御榊料」、キリスト教式では「御花料」が一般的です。
「御霊前」はどの宗旨にも応用可能とされています。

質問

香典には新札は包まないものだと聞いたことがありますが実際は?

お答え

新札だと香典を準備していたと思われかねませんので、
香典には古いお札を使うのが一般的ですが、最近では古札の中でも綺麗なもの、
または新札を包むことも多いようです。
新札の場合は、折り目を付けてから香典袋へ入れましょう。

質問

通夜に行く際の服装は?

お答え

本来はとり急ぎ駆けつけるものなので地味な平服で行くのが基本となりますが、
現在は略礼服を着用して参列するのが一般的です。
靴や鞄も黒が基本で、派手なアクセサリーは外しましょう。

質問

通夜にも葬儀にも出席できない場合は?

お答え

弔電やお悔やみ状にて弔意を伝え、後日なるべく早く弔問します。
無理な場合は現金書留にて香典を郵送します。
その際には参列できなかった理由も書き添えましょう。
代理の方に出席していただいても良いでしょう。

質問

参列の際はどうやって声をかければいいの?

お答え

「この度はご愁傷様です」「心からお悔やみ申し上げます」など、
手短に心をこめて述べるのが良いでしょう。
「重ね重ね」「くれぐれも」「たびたび」などの重ね言葉や、
「続く」「繰り返す」「再び」などの忌み言葉は用いないように注意しましょう。

質問

弔辞を依頼されたんだけど、どうしたらいいのかなぁ?

お答え

快く引き受けるのが礼儀となります。
他に弔辞を述べる方がいるかを確認し、いる場合は文面が重複しないように注意します。
喪家に末永く保存されますので丁寧に作成しましょう。
目安としては3分程度、400字詰め原稿用紙2~3枚を目安とし、
忌み言葉を用いないように注意しましょう。

質問

子供を連れて参列する場合の子供の服装は?

お答え

学生服があれば学生服を着用します。無い場合は地味な洋服を着用します。
弊社では子供用の貸衣装の一部も取り扱いしていますのでお問合せください。(有料)

質問

不幸があったお宅に「お中元(歳暮)」は贈ってもいいの?

お答え

お中元(歳暮)はお祝いではありませんので贈っても大丈夫です。
但し、相手先が忌明け前の場合は時期をずらして贈られるのが良いでしょう。

ページの先頭へ移動します



家族葬をお考えの方へ

質問

家族葬でお葬儀を執り行いたいんだけど・・・

お答え

家族葬といっても、遺族・親族以外にご友人やご近所の方など、故人と縁の深かったにはお知らせしてご参列願うのが一般的です。 どこまでの方にお知らせするか、通知先を検討しておくことが大事です。
イズモの家族葬はコチラ

質問

家族葬と普通の葬儀は何が違うの?

お答え

通知先を限定して執り行うことが多いので、葬儀の規模が小さくなることがありますが、お通夜・お葬儀の流れは通常のお葬儀と変わりません。

質問

「家族葬で執り行う」というお知らせを受けたけど、お葬儀には参列していいの?

お答え

必ずしも家族葬に一般弔問客が参列してはいけない訳ではありませんが、「家族葬で執り行うため、親族以外のご弔問はご遠慮ください。」という通知を受けた場合は、参列は遠慮した方がよいでしょう。

質問

家族葬には香典や供花は送っていいの?

お答え

「香典・お供物辞退」など特別に通知がない限り、通常のお葬儀と同じく送っていただいてかまいません。

ページの先頭へ移動します


お葬儀後についてのよくある質問

質問

喪中はがきは誰がいつ出すものなの?

お答え

喪中はがきとは、1年以内に近親者に不幸があった時にお年賀の挨拶(年賀状を送る)を辞退する旨を伝える書状です。 一般的に年賀状を準備する前、11月中旬から12月初旬に送ります。

質問

喪中はがきを出す近親者の範囲は?

お答え

自分から見て、一親等(父母・配偶者・子)と生計を共にしている二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)にあたる方に不幸があった場合に出すのが一般的です。

質問

喪中はがきと寒中見舞いはどう違うの?

お答え

年末に不幸があったというように、旧年中に喪中はがきで年賀欠礼をお知らせすることができず新年を迎えた場合には、「寒中見舞い」として挨拶状を送ります。寒中見舞いを送る時期は小寒(1月5日か6日)から節分までとなっていますが、松の内が明けてからできるだけ早めに送る方がよいでしょう。

ページの先頭へ移動します


お葬儀ガイドDVD 無料でプレゼント!
難しいお葬儀のことをアニメで分かりやすくご説明!事前相談された方、もしくは資料請求フォームから、無料でお配りしております。
お葬儀ガイドDVD詳細はコチラ
イズモの家族葬
お葬儀がよくわかる資料の請求
お葬儀に関するお問合せはお気軽に

トップサイトマップ CMギャラリー個人情報保護方針ソーシャルメディアポリシーfacebookページ本日のお葬儀・お供物のご注文